冬の湿疹がかゆくない?ヤバイ病気の可能性も?

スポンサーリンク




冬の湿疹がかゆくない?ヤバイ病気の可能性も?

女性の方だと足にできた湿疹のようなものは目立つのでなくしたいですよね。
ただの虫刺されなどでない場合は、血液などの病気であるので注意が必要です。

 

湿疹と聞くとかゆいというイメージが強いですが、かゆくない湿疹もあります。
アトピーの湿疹は、顔や首、手足の関節部分に多い)とは異なる部分の湿疹については、この病気を疑うべきです。

スポンサーリンク




夏にひどくなるお子様もいますが、冬に悪化する子のほうが多くみられます。これは冬になると湿度が低下して空気が乾燥するため、もともと乾燥しやすいアトピー性皮膚炎の冬の肌はさらに乾燥しカサカサになります。

 

冬〜春先のかゆみは、ダニが原因ではありません。
2月に腕の内側に赤い斑点ができていたが、マイクロスコープで拡大して見てみると、刺された跡はどこにもありません。

 

冬になると背中がかゆいというケースは、こういった要因により、もともと肌がデリケートに傾いてしまっているために、肌が“本来保つべき水分”を“冬の空気の乾燥から守る”ことができず、肌表面の角質層からさらに水分が奪われるという悪循環に陥るから、発生しやすいと言うことができるでしょう。

 

体が弱っている時にたまにある症状として、ネギ類を大量に食べるとかゆくない発疹が出ることがあります。普段では、玉ねぎや長ねぎなどネギ類が好きで、サラダや薬味にして大量に食べても大丈夫なのですが、なぜか体調不良の際には、両手首、酷い時には下腹周辺に細かな赤い発疹が出ます。

 

6月〜9月頃の高温多湿な時期に上記のような症状が見られるならば、ダニに刺された可能性が高まります。逆に冬から春にかけてはツメダニによるダニ刺されの可能性は低くなりますので、別の原因が疑われます。

スポンサーリンク




冬の湿疹がかゆくない?ヤバイ病気の可能性も?

女性の方だと足にできた湿疹のようなものは目立つのでなくしたいですよね。ただの虫刺されなどでない場合は、血液などの病気であるので注意が必要です。湿疹と聞くとかゆい...

≫続きを読む

腕の湿疹がかゆくない?前代未聞の事態とは?

腕のブツブツや突然の湿疹、かゆみの治し方はですが原因によって対策は様々です。腕やお腹を含めて、脇腹、股など「衣類に隠れる部分」に出来る湿疹の多くは「ダニ」による...

≫続きを読む

足の湿疹がかゆくないのはある理由があるから?

痒みがある場合は、湿疹や虫刺されなどが考えられますが、痒みのない赤い斑点は血液や内臓などの内科的疾患が原因であることが多いようです。症状が出る世代も様々で、子供...

≫続きを読む

太もも湿疹がかゆくない時のかゆみなし逆に注意!

腕よりも太股などの足に出来ることが多い病気でもあり、皮膚の中で内出血を起こしている状態となっています。一見すると急に赤い斑点が出来てしまうため、恐ろしい病気や症...

≫続きを読む