新生児の湿疹【顔が赤いしぶつぶつがほっぺに現れる?】

スポンサーリンク




新生児の湿疹【顔が赤いしぶつぶつがほっぺに現れる?】

生後1週間から1か月の間によく見られます。見た感じは思春期ニキビと同じような赤いぶつぶつがほっぺやおでこに現れ、顔全体に広がって顔全体が真っ赤になることもあります。清潔な状態を保っていれば生後1〜2か月くらいで自然と鎮静化します。

 

皮脂分泌の多い、生後間もなくから3カ月ごろまで多く見られるニキビ。赤いブツブツや化膿したもの、中に白いシンのあるものもあります。できやすい場所はほっぺやおでこのあたり。かゆみや痛みなどはなく、肌を清潔に洗っていればそのうち自然に治っていくので、心配ありません。

スポンサーリンク




多くの赤ちゃんが乳児湿疹を経験するもので、完全に予防するのは難しいですが、基本的には自然と治まっていくものなので過度な心配はいりません。しかし、きちんとケアしておかないと、湿疹をかき壊すなどして症状が悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

 

中には個体差もありますので、長引く赤ちゃんは2ヶ月ぐらいまで続く子もいますが、だからといって「えっ、うちの子、もう、二か月も!」と慌てる必要はありません。

 

これは昔から「胎毒」といって、赤ちゃんがママの身体のいらないものを、お肌を通して出してくれているメカニズムの一つと言えましょう。

 

赤ちゃんの肌が赤いのは炎症が起きているサインです!症状をみながらすぐに対処するのが悪化させないポイントです。
ただ一言に湿疹とまとまめていますが、実は湿疹にも種類があるので覚えておきましょう。

 

新生児ニキビの原因は、過剰に分泌された皮脂が原因です。それだけでなく、肌の汚れや刺激などでも起こることがあります。

 

症状がひどい場合は、受診をかきむしると、ただれてジクジクしたり、かたくなってテカテカしてきます。
また、小さな水疱やうみが混じったり、薄いかさぶたがついていることもあります。

スポンサーリンク




新生児 湿疹 画像写真が見たい!

新生児 湿疹 画像写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAHOOジ...

≫続きを読む

新生児の湿疹【顔が赤いしぶつぶつがほっぺに現れる?】

生後1週間から1か月の間によく見られます。見た感じは思春期ニキビと同じような赤いぶつぶつがほっぺやおでこに現れ、顔全体に広がって顔全体が真っ赤になることもありま...

≫続きを読む