赤ちゃん 湿疹 何科に連れていくべき??

スポンサーリンク




赤ちゃん 湿疹 何科に連れていくべき??

まずは小児科へ連れて行きましょう。
まずは小児科に連れていくことで問題ありません。

 

多くのあせもは小児科で診察を受けることで解決することが多いようです。

スポンサーリンク




子供のアレルギー症状を診てもらう病院を選ぶ上で大事なポイントがあります。

 

それは、小児科であれ皮膚科であれ、何科を受けるにしてもアレルギーの専門医がいる病院を選ぶということです。

 

乳児・幼児など子供専門の内科といった位置づけになります。
皮膚科医のように皮膚疾患の専門医ではありませんが、赤ちゃんの皮膚トラブルというのはメジャーな症状なので、どこの小児科医でも乳児湿疹の診察・治療には慣れているはずです。

 

でも「アトピー」というのが通りが良く湿疹やアレルギーと対処が近いのでそういう風におっしゃったのかもしれません。多くの方が診断をハッキリして貰うと安心する傾向があるので断定的に言ったのかもしれません。

 

小児科から皮膚科やアレルギー科など他科に行く場合は小児科でどのような診断をされて、どんな薬を処方されたかなどを伝えるようにしましょう。また逆のパターンもあって何か他科でどんな診断をされたかを小児科のかかりつけ医に報告することも大切です。

 

赤ちゃん、とくに5歳までの時期は、基本的に小児科が窓口です。皮膚のトラブルや目、耳の異常なども、まず小児科を受診して相談するようにしましょう。小児科は、小児の体と心のよろず相談的な役割も果たしているので、何でも相談するとよいと思います。

スポンサーリンク




赤ちゃん 湿疹 画像写真はこちら

赤ちゃん 湿疹 画像写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAHOO...

≫続きを読む

赤ちゃん 湿疹 耳、お腹、頭皮、首と様々な部位に発生する?

耳が粉をふいたようにカサカサしている場合、耳の外側だけなら、ボディソープを泡立てて洗ってあげるというのが基本のケアです。しかし、耳の中まで湿疹ができていると耳だ...

≫続きを読む

赤ちゃん 湿疹 何科に連れていくべき??

まずは小児科へ連れて行きましょう。まずは小児科に連れていくことで問題ありません。多くのあせもは小児科で診察を受けることで解決することが多いようです。子供のアレル...

≫続きを読む

赤ちゃん 湿疹3ヶ月を過ぎても良くならず不安になる?

生後間もない赤ちゃんの、キレイな肌を突然襲う乳児湿疹。生後2ヶ月、3ヶ月を過ぎてもなかなか良くならず不安になるママとても多いです。赤ちゃんの肌は新陳代謝が活発で...

≫続きを読む

赤ちゃん 湿疹 アレルギーは肌の湿疹から始まる?

人間には、外から侵入してくるウイルスや細菌に対抗するために、それらを撃退する抗体を作り出す免疫機能が備わっています。ところが、この免疫反応が過剰に働いて、本来は...

≫続きを読む

赤ちゃん 湿疹 5ヶ月目は湿疹が出やすくなる?

脂漏性湿疹は生後4ヶ月までに多く発生し、顔や頭部に黄色のかさぶたが出来ます。お母さんの母乳は脂質や糖分が多く含まれているため、その影響で過剰分泌された皮脂が赤ち...

≫続きを読む

赤ちゃん 湿疹6ヶ月以降も発症する乾燥性湿疹とは?

乳児湿疹が最もできやすい時期は、秋〜春(9月〜翌4月)頃と言われています。それは、薄くて弱い0歳児の皮膚が、冬の乾燥に耐えられないためです。秋〜冬生まれの赤ちゃ...

≫続きを読む

赤ちゃん 湿疹 背中やお腹に湿疹が出る?

背中の湿疹の原因で一番多く見られるのはあせもです。赤ちゃんは長い時間仰向けに寝ているので、汗をかいたまま放置すると衣類で背中の汗腺がふさがってしまいます。汗が外...

≫続きを読む