乳児湿疹 薬 キンダベート軟膏0.05%は比較的使いやすい?

スポンサーリンク




乳児湿疹 薬 キンダベート軟膏0.05%は比較的使いやすい?

キンダベートはけっして強い薬ではありません。適切に使えば湿疹を早く治すことができます。
問題は湿疹の程度です。アンダームで済むお子さんもいれば、キンダベートの方がより効果を得られるお子さんもいるのです。

 

乳児湿疹の治療の際、キンダベートなどのステロイドを処方される方が多くいらっしゃると思います。
キンダベートは割りとスタンダードなステロイドで、ヒルロイドなどと混合して処方される場合が多いです。

スポンサーリンク




ステロイドは種類によって、その強さもさまざまです。作用の強さによって1群から5群の5段階に分類分けされており、キンダベート軟膏はその中でも、2番目に弱い4群(medium)に分類されています。

 

[強力]ボアラ、ザルックス、リンデロンV(VG) 、ベトネベート(N)、リドメックス、フルコート(F)、プロパデルム。[中程度]アルメタ、ロコイド、キンダベート、レダコート。[弱い]コルテス、プレドニゾロン、メドロール、デキサメタゾン といった具合です。

 

ステロイドの副作用が心配なら、ステロイドの塗り薬は強さの段階が5段階に分かれているので、処方されたステロイドの強さを調べてみるといいかもしれません。

 

赤ちゃんは皮膚がデリケートなので慎重に用います。
高齢の人は副作用がでやすいので慎重に用います。
妊娠中は長期にわたる大量使用を控えます。少量でしたら問題ないでしょう。

スポンサーリンク




乳児湿疹 薬 アルメタ軟膏は良い悪い?顔に使ってもいい?

アルメタ軟膏は、ステロイド剤ではありますが、ランクとしてはさほど強くなく、子供に対しても良く処方されます。なので、薬の選択は間違っていないものと考えられます。さ...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 非ステロイド外用剤は副作用少ないが効果が弱い?

乳児湿疹時に処方される薬に中で「非ステロイド剤」の「スタデルム軟膏」などが処方されることがあります。この軟膏は、比較的安全な軟膏になり、判断が難しい顔などの湿疹...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 キンダベート軟膏0.05%は比較的使いやすい?

キンダベートはけっして強い薬ではありません。適切に使えば湿疹を早く治すことができます。問題は湿疹の程度です。アンダームで済むお子さんもいれば、キンダベートの方が...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 悪化する事がある?秋〜冬生まれの赤ちゃんに?

乳児湿疹は、長引いて、慢性化してしまうと「アトピー」などに移行してしまうそうです。乳児湿疹は症状も様々で原因もわからない段階です。原因が違えば治療に使う薬も当然...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 保湿剤を塗って肌を保湿させてあげなくちゃだめ?

保湿剤を使うのは、ベタベタしなくなるまで水分を拭き取り、皮膚がまだシットリとしている間に塗って保護します。保湿剤は皮膚に水分を与えるものではなくて、皮膚から水分...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 プロペトを使用していたら悪化してしまった?

乳児湿疹などでよく処方されてくる薬が「プロペト」になります。いわゆる「ワセリン」です。保湿能力が高くひどい乾燥や乾燥が原因の湿疹などには処方されます。しかし、中...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 アズノールでかぶれちゃった?

アズノールは皮膚を保護する薬、例えばおしっこでかぶれちゃったら更におしっこでかぶれない様にする薬です。リップクリームとかニベアと同じです。抗炎症作用、傷が治るの...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 ロコイドは「マイルド」に属すステロイド外用薬?

ロコイドは乳児湿疹がひどくなってしまった時にワセリンと混合されて処方されてきます。ステロイド剤の強さの5段階の中でも、下から2番目の中でも比較的マイルドタイプに...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 ヒルドイドで湿疹悪化?どうしてくれる?

ヒルドイドは合う合わないが激しいから、プロペトがいいですよーあと子供の年齢によりますが小さいうちは小児アレルギー科が一番いいです。プロペトはワセリンを精製したも...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 ワセリンは「薬 」ではなく、「保湿剤」??

ワセリンは、肌に膜を作るために塗るもの。あのベトっとしているクリームを塗ることで肌にラップがまかれるような感じですね。外から赤ちゃんの肌に入ってこようとするもの...

≫続きを読む