乳児湿疹 薬 非ステロイド外用剤は副作用少ないが効果が弱い?

スポンサーリンク




乳児湿疹 薬 非ステロイド外用剤は副作用少ないが効果が弱い?

乳児湿疹時に処方される薬に中で「非ステロイド剤」の「スタデルム軟膏」などが処方されることがあります。
この軟膏は、比較的安全な軟膏になり、判断が難しい顔などの湿疹や赤ちゃんなどで強い軟膏が使用できない場合によく処方される薬になります。

 

ステロイドの入っていない非ステロイド外用剤は副作用が少ないのですが湿疹を治す効果が弱く、ステロイドの入っている外用薬は湿疹を治す効果が強いのですが副作用の問題があります。

スポンサーリンク




生後1〜2ヶ月頃に湿疹がみられるようになりますと、まず、小児科を受診することが多いと思います。最初、乳児湿疹と診断され、非ステロイド系外用剤(コンベック、ベシカムなど)が処方されることが多いと思います。ところが、塗れば塗るほど湿疹がひどくなります。

 

アトピーの症状が強いのに、非ステロイド外用薬でよくしようというのは、少し無理があるわけです。
「非ステロイド外用薬」の効能には、“消炎鎮痛作用”、“抗炎症作用”などと書いてあり、文字だけを見ると、皮膚の炎症にとても効果がありそうに感じます。

 

ステロイドと聞くと副作用が心配になりますが、乳児湿疹で処方されるステロイドは強さが穏やかなものが多く、使用頻度や方法を守って塗ることが大切です。
皮膚の状態によって、処方や使用方法が変化してくることがありますので、自己判断で進めずに病院で相談するようにしましょう。

 

赤ちゃんのあせも治療に副作用がなく、ステロイドを使用したくない方には、即効性はありませんが、じっくり時間をかけて炎症を抑えてくれる非ステロイド薬「アズノール軟膏」が有効とされています。

スポンサーリンク




乳児湿疹 薬 アルメタ軟膏は良い悪い?顔に使ってもいい?

アルメタ軟膏は、ステロイド剤ではありますが、ランクとしてはさほど強くなく、子供に対しても良く処方されます。なので、薬の選択は間違っていないものと考えられます。さ...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 非ステロイド外用剤は副作用少ないが効果が弱い?

乳児湿疹時に処方される薬に中で「非ステロイド剤」の「スタデルム軟膏」などが処方されることがあります。この軟膏は、比較的安全な軟膏になり、判断が難しい顔などの湿疹...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 キンダベート軟膏0.05%は比較的使いやすい?

キンダベートはけっして強い薬ではありません。適切に使えば湿疹を早く治すことができます。問題は湿疹の程度です。アンダームで済むお子さんもいれば、キンダベートの方が...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 悪化する事がある?秋〜冬生まれの赤ちゃんに?

乳児湿疹は、長引いて、慢性化してしまうと「アトピー」などに移行してしまうそうです。乳児湿疹は症状も様々で原因もわからない段階です。原因が違えば治療に使う薬も当然...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 保湿剤を塗って肌を保湿させてあげなくちゃだめ?

保湿剤を使うのは、ベタベタしなくなるまで水分を拭き取り、皮膚がまだシットリとしている間に塗って保護します。保湿剤は皮膚に水分を与えるものではなくて、皮膚から水分...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 プロペトを使用していたら悪化してしまった?

乳児湿疹などでよく処方されてくる薬が「プロペト」になります。いわゆる「ワセリン」です。保湿能力が高くひどい乾燥や乾燥が原因の湿疹などには処方されます。しかし、中...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 アズノールでかぶれちゃった?

アズノールは皮膚を保護する薬、例えばおしっこでかぶれちゃったら更におしっこでかぶれない様にする薬です。リップクリームとかニベアと同じです。抗炎症作用、傷が治るの...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 ロコイドは「マイルド」に属すステロイド外用薬?

ロコイドは乳児湿疹がひどくなってしまった時にワセリンと混合されて処方されてきます。ステロイド剤の強さの5段階の中でも、下から2番目の中でも比較的マイルドタイプに...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 ヒルドイドで湿疹悪化?どうしてくれる?

ヒルドイドは合う合わないが激しいから、プロペトがいいですよーあと子供の年齢によりますが小さいうちは小児アレルギー科が一番いいです。プロペトはワセリンを精製したも...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 ワセリンは「薬 」ではなく、「保湿剤」??

ワセリンは、肌に膜を作るために塗るもの。あのベトっとしているクリームを塗ることで肌にラップがまかれるような感じですね。外から赤ちゃんの肌に入ってこようとするもの...

≫続きを読む