乳児湿疹 薬まとめはこちら

スポンサーリンク




乳児湿疹 薬まとめはこちら記事一覧

乳児湿疹 薬 アルメタ軟膏は良い悪い?顔に使ってもいい?

アルメタ軟膏は、ステロイド剤ではありますが、ランクとしてはさほど強くなく、子供に対しても良く処方されます。なので、薬の選択は間違っていないものと考えられます。さらに特定の乳児湿疹にはアルメタ軟膏なども病院で処方してもらってください。赤ちゃんの乳児湿疹の薬は、ステロイドやアルメタ軟膏、アンダーム軟膏が...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 非ステロイド外用剤は副作用少ないが効果が弱い?

乳児湿疹時に処方される薬に中で「非ステロイド剤」の「スタデルム軟膏」などが処方されることがあります。この軟膏は、比較的安全な軟膏になり、判断が難しい顔などの湿疹や赤ちゃんなどで強い軟膏が使用できない場合によく処方される薬になります。ステロイドの入っていない非ステロイド外用剤は副作用が少ないのですが湿...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 キンダベート軟膏0.05%は比較的使いやすい?

キンダベートはけっして強い薬ではありません。適切に使えば湿疹を早く治すことができます。問題は湿疹の程度です。アンダームで済むお子さんもいれば、キンダベートの方がより効果を得られるお子さんもいるのです。乳児湿疹の治療の際、キンダベートなどのステロイドを処方される方が多くいらっしゃると思います。キンダベ...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 悪化する事がある?秋〜冬生まれの赤ちゃんに?

乳児湿疹は、長引いて、慢性化してしまうと「アトピー」などに移行してしまうそうです。乳児湿疹は症状も様々で原因もわからない段階です。原因が違えば治療に使う薬も当然異なりますから、自己判断で市販薬を使うと悪化させてしまう可能性もあります。かゆみによって赤ちゃんが無意識のうちに掻きむしってしまうと、その傷...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 保湿剤を塗って肌を保湿させてあげなくちゃだめ?

保湿剤を使うのは、ベタベタしなくなるまで水分を拭き取り、皮膚がまだシットリとしている間に塗って保護します。保湿剤は皮膚に水分を与えるものではなくて、皮膚から水分が蒸発しないように保護するものです。つけ過ぎると皮膚の新陳代謝を遅くしたり、皮膚からの放熱ができず体内に熱がこもってしまい蒸れて赤みが強くな...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 プロペトを使用していたら悪化してしまった?

乳児湿疹などでよく処方されてくる薬が「プロペト」になります。いわゆる「ワセリン」です。保湿能力が高くひどい乾燥や乾燥が原因の湿疹などには処方されます。しかし、中にはプロペトを使用してひどくなってしまったという方も多くいらっしゃいます。「保湿しない、ガサガサのほっぺにプロペトを直接塗る」のはママの顔で...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 アズノールでかぶれちゃった?

アズノールは皮膚を保護する薬、例えばおしっこでかぶれちゃったら更におしっこでかぶれない様にする薬です。リップクリームとかニベアと同じです。抗炎症作用、傷が治るのを助ける作用、抗アレルギー作用などを持つ薬です。 通常、湿疹、やけど・その他の疾患による皮膚のただれや潰瘍の治療に用いられます。アズノール軟...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 ロコイドは「マイルド」に属すステロイド外用薬?

ロコイドは乳児湿疹がひどくなってしまった時にワセリンと混合されて処方されてきます。ステロイド剤の強さの5段階の中でも、下から2番目の中でも比較的マイルドタイプに属するステロイド剤になります。カサカサしてるだけならロコイド軟膏でなくってもいいと思います。薬局で「ワセリン」というのが売ってますので(すご...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 ヒルドイドで湿疹悪化?どうしてくれる?

ヒルドイドは合う合わないが激しいから、プロペトがいいですよーあと子供の年齢によりますが小さいうちは小児アレルギー科が一番いいです。プロペトはワセリンを精製したもので、副作用はあまりないようです。ちなみに、目の周りはヒルドイドやめた方がよいです。ヒルドイドを赤ちゃんに使用し続けているママさんの中には、...

≫続きを読む

乳児湿疹 薬 ワセリンは「薬 」ではなく、「保湿剤」??

ワセリンは、肌に膜を作るために塗るもの。あのベトっとしているクリームを塗ることで肌にラップがまかれるような感じですね。外から赤ちゃんの肌に入ってこようとするものを防いでくれますし、逆に内側から水分が抜けることも防ぐことができます。ワセリン自体には抗炎作用などはなく、あくまでも表面を保護するだけです。...

≫続きを読む