蕁麻疹 画像【乳児湿疹】肌荒れの原因!アトピー写真など

スポンサーリンク




【乳児湿疹】肌荒れの原因!アトピー写真など

赤ちゃんの肌は新陳代謝が活発で、ママからもらった女性ホルモンの影響で生後3ヶ月頃までは皮脂の分泌が多くなります。

 

カサカサするものも、ベタベタするものも、ジュクジュクするものもぜ〜んぶ乳児湿疹。乳児湿疹というのは、文字どおり「赤ちゃんにできる湿疹」のことなのです。

 

ちなみに、脂漏性湿疹の原因はホルモンの影響によって赤ちゃんの皮脂の分泌が多くなるため。
乾燥性湿疹の原因は赤ちゃんの皮膚のバリア機能が空気の乾燥に耐えられないためというのが有力説です。

 

湿疹の原因は、“体質的に皮膚が弱いこと”です。正常にある皮膚のバリヤー機能が弱く、すぐにじゅくじゅくしたり、乾燥したりするわけです。また、刺激に弱いので、じんましんが出やすいのも特徴です。

スポンサーリンク




乳児湿疹かアトピーかは判断はとても難しいです。
原因の違いはありますが、皮膚に炎症が出ている状況に違いはなく、乳児湿疹かアトピーかどうかこだわるより、しっかり炎症を抑え再発しないように対処する必要があります。

 

乾燥はちょっとした事が肌への刺激になりやすい状況を作ってしまいます。例えば、肌着が肌に触れる刺激、ガーゼで顔を拭く刺激など、ちょっとした刺激が乾燥肌のあかちゃんにとっては、乳児湿疹の原因になってしまうのです。

 

特定の乳児湿疹にはアルメタ軟膏なども病院で処方してもらってください。赤ちゃんの乳児湿疹の薬は、ステロイドやアルメタ軟膏、アンダーム軟膏が効果的なようです。

 

原因は皮脂の過剰分泌なので、定期的に乳児の肌を拭いてやることが乳児湿疹対策としては効果的です。また、皮脂をこま目に拭くことは、乳児の肌を乾燥に晒すことにもなります。

 

ステロイドの副作用として、皮膚が薄くなったり免疫力が低下するそうですが、適切な量を短期に効果的に使ってあげるなら副作用もほぼ心配なく、これほどいい薬はないそうです。

スポンサーリンク